日記

日記

住宅ローンの繰り上げ返済で利息は減る?返済のポイントは!No1

人生における3大支出の1つである住宅購入はほとんどの方が
人生最大の買い物となります。しかし住宅購入は高額のため
一括の支払いが難しくなります。そこで皆さんがよく利用
されるのが住宅ローンです。毎月の支払いを抑えるために
35年間という長期での返済計画が一般的です。
本稿では35年間は長すぎるとお考えの方に繰り上げ返済に
ついて詳しく解説して参ります。

そもそも繰り上げ返済って何?


繰り上げ返済には、支払い期間を短縮する期間短縮型と
毎月の支払い額を減額する返済額軽減型の2種類があります。
期間短縮型のメリットはトータルの利息を大きく減らすこと
が出来ます。逆にデメリットは住宅ローン控除による節税
効果が少なくなることです。ここでは支払い利息を大きく
減らすことができる期間短縮型について詳しくご説明致します。

合理的な繰り上げ返済のポイント

1) 住宅ローン減税(控除)を正しく理解する!

減税の対象となるローンは住宅の取得や増改築で 10年以上
ローンを組んだ場合と特定のリフォームで 5年以上のローン
を組んだ場合などです。ここでは、皆さんが一番よく利用
されている一般住宅のケースでご説明します。10年間で最大
400万円の減税が受けられますので有効活用しましょう。
皆さんにもなじみのある配偶者控除などの収入から引かれる
所得控除ではありません。住宅ローン減税は皆さんが支払って
いる所得税や住民税から直接差し引きします。
還付される税額が大きくて大変ありがたい減税措置なのです。
それでは具体的な事例で説明します。減税額の計算方法は、
年末のローン残高が 3000万円あったとしますとその1%である
30万円と40万円(最大控除額)を比較して小さい方の額である
30万円が戻ってくる仕組みです。
ただし自分が払った税額以上は戻ってきます。

続きはNo2で
カテゴリ
日記
日時
2019年01月12日14:25
コメント
(0)
トラックバック
(0)

日本の投信市場はガラパゴス化?ダメな投資信託とはナニ?No3

いよいよ日本の金利が上がり始める準備をするべき!

2016年の2月から日銀はマイナス金利政策を始めました。
マイナス金利とは本来は預金者が受け取るべき利息を預け
先の銀行に払わなければならないというあり得ない政策です。
でもご安心ください。これが適用されるのは我々一般の預金者
ではなく銀行だけの話なのです。何故マイナス金利政策を行う
のかは銀行に対して日銀にお金を眠らせておくよりは貸し出し
や投資の方にもっとお金を回しなさいというプレッシャーを
与える為です。最近ではこの政策の悪影響が多く出て来ました。
金利が低くても貸し出しは伸びていない為に銀行の収益が落ち
込んでいます。効果の上がらない政策は近い将来終わりを迎える
でしょう。その結果起きるのは金利の上昇です。

これから買ってはいけない投信はズバリコレだ!

上記のような背景から近い将来日本の金利は上がると考えられます。
金利が上がると現在のような低金利で発行された国債や社債などは
その価格が下がります。すなわち日本の国債・社債などに投資して
いる国内債券型ファンドの価格も下がるでしょう。コレが今から買う
べきではない投資信託なのです。冒頭に申し上げた通りですが、一番
の問題点は国内債券型ファンドが金融機関の窓口では「安定型」と
認識されていることです。「安定型だから大丈夫ですよ」という説明
を信じ切って放置するのは危険です。今のうちにお持ちの投資信託の
中身をチェックすることをおススメ致します。
カテゴリ
日記
日時
2018年12月28日11:14
コメント
(0)
トラックバック
(0)

日本の投資信託市場はガラパゴス化?買ってはいけない投資信...

世界的な金融緩和は終わりを迎えた!

2008年に起きたリーマンショックにより世界の金融市場は大きな
痛手を受けました。大きく落ち込んだ景気と金融機関の金融仲介機能
の回復という大義名分のもと日米欧の各中央銀行はこれまでに世界の
どの国も経験したことのない大胆な金融緩和策を実施しました。

主なポイントは政策金利を限界まで下げてお金を借りやすくし、
さらに大量の資金を中央銀行が市場に供給し続けました。
その効果もあり各国の景気と金融機関の体力も回復したので各国の
株式市場も大きく反発しました。いち早く景気回復を達成した米国
は2016年から金融緩和策を終了させており欧州も2018年末で終了
させる予定です。

残念ながら現在も継続しているのは日本だけとなりました。しかし、
日本経済も今年は過去最高益を更新する企業が続出しており景気は
良くなっています。従って日銀が目標としている2%の物価上昇さえ
達成すればすぐにでも金融緩和策を止められるはずです。
カテゴリ
日記
日時
2018年12月26日12:54
コメント
(0)
トラックバック
(0)

日本の投信市場はガラパゴス化?ダメな投資信託とはナニ?No1

まず基本的なことですが、投資信託は大きく分けて
「インデックスファンド」と「アクティブファンド」
の2種類があります。

「インデックスファンド」は、日経平均株価やNYダウ等の株価指数などに
連動する運用をめざすものです。コストが安く、過去の運用成績も良いもの
が多いので、初めて投資信託を買われる方にはおススメです。

一方で「アクティブファンド」は、特定の指数を上回る大きなリターンが
得られる可能性もありますが、その反面リスクとコストも高くなります。

世界最大である米国の投資信託市場の主役は圧倒的にインデックスファンド
です。しかし、日本の投資信託市場の主役はいまだにアクティブファンドと
いう現実があります。

海外と比べてガラパゴス化しているとは、このような状況を指しています。
カテゴリ
日記
日時
2018年12月21日20:03
コメント
(0)
トラックバック
(0)

お金のない老後にならない為に。 今から始めるべき習慣とは?...

老後の資産形成で必要な習慣
人間は「勘定」ではなく「感情」で判断してしまうことが多いのです。これはどういうことなのか具体例でご説明します。Aさんはベテランの投資家とします。投資経験も豊富なAさんはついやってしまう悪癖が悩みでした。

株式などのリスク資産へ投資するときはタイミングが非常に大事です。Aさんは自分の判断がいつも間違えているのではないか? という悩みがあります。

はたしてこれはAさんだけの問題でしょうか? 答はNOです。人は損することを異常に嫌います。

投資を行っているときに利益が出ている場面では、早く利益を確保したいという「感情」が強く出てしまうのです。逆に、損失が出ている場面では、この損失を一刻も早く取り返したいという「感情」が出てきてしまい一発勝負のような賭けに出てしまいます。


大事なのは投資経験を積むことで「習慣」を身につけることができるのです。「感情」に左右されずに合理的な行動を取ることは想像以上に難しいことです。判断に困ったときに、自分の頭で考え抜いてから判断・行動する「習慣」を身につけられるように意識して毎日をお過ごしください。その努力の先には明るい未来が待っていると信じて頑張ってください。
カテゴリ
日記
日時
2018年12月14日17:31
コメント
(0)
トラックバック
(0)

お金のない老後にならない為に。 今から始めるべき習慣とは?No2

「感覚を磨く!!」

例えば、衝動買いは無駄遣いのもとだという価値観がある方は、
計画的にお金を使う習慣が自然と身についています。
価値観を確立するために重要な役割を果たしているのが、五感です。

そのうち、主にどの感覚を使って情報を認知しているかを知り、
磨いていく習慣を持つことが非常に大切なのです。
情報認知のタイプは主に次の3通りに分類されています。

1番目は、視覚という主に目から入ってくる映像や文字を中心と
して情報を認知するタイプ、2番目は主に聴覚から入ってくる情報
を認知するタイプ、そして最後に触覚などの身体感覚という、主に
手などから感じる感覚で情報を認知するタイプです。

まずは、以上の3つのタイプの中でご自身がどのタイプなのかを
認識してください。そしてさまざまな情報に触れ、その情報が
本当に正しいのかどうかを常に考えることで、情報の嘘を見抜ける
ような感覚を磨く習慣をつけてください。

人生においてこれからも多くの決断を迫られますが、磨かれた感覚
さえあれば、正しい判断ができるようになると思います。
カテゴリ
日記
日時
2018年12月10日15:00
コメント
(0)
トラックバック
(0)

お金のない老後にならない為に。 今から始めるべき習慣とは?No1

私ががふだんの相談業務のときによく聞かれる質問で「老後資金っていくら必要ですか? 」というのがあります。一般的には3000万円ぐらい必要とか言われていますが、個人差がかなりあります。

老後の生活なんて想像つかないという方はこれから自分が望む人生をかなえるためにはどのような習慣が必要になるのかについて考えてみましょう。

今から始めるべき3つの習慣

明確な目標を持つ習慣
「やらなくてはいけないのに先送りしてしまう」という経験は皆さんありますよね?では、何故このようなことが起きるのでしょうか?

原因は皆さんの心や脳の働きにあります。朝起きてトイレに行くとか食事をするという習慣は無意識に行われています。この無意識の状態で老後の自分のためになることができるように意識するのです。

具体的には老後のために毎月の貯蓄額を増やしたいのであれば、IDECOや積立NISAのような制度を使って簡単に引き出せないようにしてしまえばいいと思います。

毎月この金額で必ずやり繰りすると明確な目標として意識すればやがて無意識でできる習慣に変わるはずです。そして、意識と無意識が一致するようになればあなたが考えていることが現実化しているはずです。
カテゴリ
日記
日時
2018年12月07日13:38
コメント
(0)
トラックバック
(0)

今年のスローガンは「どんな依頼も断わりません!!」

2015年7月に東灘区甲南町に事務所を移転。あれから早くも2年が過ぎました。2017年に当事務所にご相談に来られた方は、のべ180組(2016年比倍増)と大幅に増えました。
皆さんからの主な相談内容のランキングベストテンは以下の通りです。

1位 住宅購入や住宅ローンの組み方及び借り換えの相談
2位 資産運用の相談(IDECO、NISA、ジュニアNISAの活用方法)
3位 家計見直しとライフプラン作成の相談(このままで老後破たんしませんか?など)
4位 不動産の有効活用の相談(遊休地の有効活用や相続対策など)
5位 保険の見直し相談
6位 事業承継の相談(後継者問題、M&Aの活用)と相続や贈与の相談
7位 企業型確定拠出年金の導入サポートの相談
8位 小規模事業者の創業時の資金繰りの相談(金融機関の紹介など)
9位 離婚調停及び離婚後のライフプランの作成及び生活支援の相談
10位 浪費や無駄使いをさせないための相談

皆さん相談内容はそれぞれですが真剣に悩んでいる事を相談に来られます。
ですので私も全力で相談に応じて参りました。
基本的には「どんな依頼も断りません!!」
今年も顧客本位の業務運営「フィデューシャリー・デューティー]
の実現を目指して頑張ります!!
カテゴリ
日記
日時
2018年01月16日15:32
コメント
(0)
トラックバック
(0)

今年こそ受託者責任の確立と定着の元年に!!

皆様、新明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。
さて2017年は皆様にとってどんな年になりそうでしょうか?
相場格言で「申酉騒ぐ」というジンクスがあるように今年のマーケットも
大きく変動すると思います。特に年前半には2月末のギリシャの債務期限の
到来や3月のオランダ総選挙、4,5月のフランス大統領選挙、ドイツの
連邦議会選挙とヨーロッパの選挙の行方には注意が必要です。
ポピュリズムが大きく勢力を伸ばしているのでグローバリズムが否定される流れが出来ています。この流れが「ユーロの崩壊」を招くのではないかと危惧しています。トランプ政権への単なる期待先行でリスクを取り過ぎると痛い目に合うかも知れません。皆さんご自身の身の丈に合った投資を心がけて下さい。そして今年は確定拠出年金の対象者の拡大で資産形成を始める方が増えると思います。その際に必要になるのが投資教育でありサービスを提供する金融機関の「受託者責任」(フィデューシャリー・デューティー)の
確立と定着です。日本には天然資源はありませんが、1700兆円という国民金融資産があります。この資産の有効活用は国策として必須ですがこれまで有効な対策は実施されていません。そこで今度こそ各金融関係者が本気で顧客利益第一主義を実現しなければいけません。顧客利益第一主義の遵守こそが[受託者責任]の確立と定着に欠かせません。2017年はファイナンシャル・プランナーこそが受託者責任を果たす期待に応えられる実務家だと社会的に評価されるように精進して参りたいと存じます。
カテゴリ
日記
日時
2017年01月04日17:22
コメント
(0)
トラックバック
(0)

ラジオ関西の「ラジ王」に出演させて頂きました!!

皆さんこんにちは!
約1年ぶりにラジオ関西さんの番組に出演させて頂くことになりましたのでスタジオでの収録に行って参りました。番組名は「ラジ王」で放送日は12/2.12/9.12/16.12/23.12/30(各金曜日)の計5回になります。時間は毎回17時50分から5分間の短い番組なので是非聞いてみて下さい ❗
地元の方々にお役に立てる情報を分かり易くお伝えしようと頑張っております。皆さんが気になる老後のお金の不安についてお話させて頂きました。ちなみにラジオ関西さんは558KHzです。お楽しみに!!

カテゴリ
日記
日時
2016年11月30日17:36
コメント
(0)
トラックバック
(0)

中小企業経営者の皆さんへお得なセミナー&相談会のお知らせ

皆さんこんにちは!
最近は秋を感じる暇もなくいきなり 冬モード突入に違和感感じまくりの
今日この頃です。この時期は体調管理が難しいのでご自愛下さい。
早速ですが、私が所属している神戸商工会議所の 「神戸サムライネット
ワーク」の熱血・有志メンバーで構成する「こうべ企業の窓口」所属の
専門家によるセミナー&相談会のお知らせです。参加費は無料です!!
また今回は複数の専門家がチームを組みワンストップでご相談にも対応
致します。事業承継以外にも廃業・ 倒産回避に関するお悩みも対応
させて頂きます。ちょっとよそでは聞けないような情報が満載です。
皆様、是非この機会にご利用下さい。
参加申し込みは添付ファイルチラシ裏面 の申込書類をFAXして下さい。
ご参加お待ちしております。
カテゴリ
日記
日時
2016年11月10日14:56
コメント
(0)
トラックバック
(0)

三大疾病の死亡率低下で備えておく事!

皆さんこんにちは!ファイナンシャル・プランナーの船津です。
今回は三大疾病をカバーする保険契約についてのお知らせです。
最近の医療現場では大変な変化が起こっています。
日本人の主な死亡原因であった三大疾病(ガン・心疾患・脳血管疾患)
の死亡率が大幅に下がっております。この20年間で大阪ではガンで20%・
心疾患で50%、脳血管疾患で60%も死亡率が下がりました。
これは医療技術の進歩によるもので喜ばしい事ではありますがもはや
三大疾病は不治の病ではありません。ほとんどの方が死亡保障を厚く
した保険に加入していますが、これからは病気療養中の減収リスクを
考えないといけません。退院後にすぐに職場復帰出来るとは限りません
また一番問題なのは60日ルールの存在です。
これは急性心筋梗塞・脳卒中と診断確定されたその日から60日以上、
労働の制限を必要とする状態が続いた時しか保険金は支払われない
という条件設定です。都市部の三大疾病の罹患した場合の平均入院
日数は2週間程度と大幅に減少しています。この医療現場の変化で
三大疾病になったら保険金が出るとか住宅ローンの支払いが免除される
と思い込んでいたら大間違いですよ。最近はやりのネット銀行の住宅
ローンに付帯されている団信はこの条件設定が多いのでご注意下さい。
ご心配な方は当事務所へご相談下さい。
カテゴリ
日記
日時
2016年08月26日20:04
コメント
(0)
トラックバック
(0)

マイナス金利時代の最強の資産形成ツールは確定拠出年金だ!

皆さんこんにちは!久しぶりの投稿になり申し訳ありません。2016年は
マイナス金利が導入されてから運用環境が増々厳しくなっております。長期で
安定運用をする対象である長期国債がマイナスではどうしようもありません。
だからと言って何もしなければ資産形成は出来ません。そこで老後資金対策として確定拠出年金制度が改正され主婦や公務員、勤め先に企業年金がある会社員も2017年1月から加入出来るようになりました。要するに政府は「国の年金はあまり当てにならんから自分年金をしっかりと準備しておいて下さい」という強いメッセージを送っているわけです。その為に税制面で沢山の優遇措置を講じています。ファイナンシャル・プランナーとしてこの制度は使わないと大損ですよと声を大にして申し上げたいのです。そしてこの制度を当事務所では導入から運用サポートまでワンストップでしかも圧倒的低コストで提供しております。ご興味のある方は当事務所まで直接お問い合わせ下さい。
ご連絡お待ちしております。
カテゴリ
日記
日時
2016年07月29日18:41
コメント
(0)
トラックバック
(0)

神戸の高齢化問題を考える!〜官民一体で考えるから価値がある〜

皆様こんにちは!ファイナンシャル・プランナーの船津です。
独立系のファイナンシャル・プランナー事務所を開設してまだ1年5ヶ月ですがおかげさまでこれまで数多くのご相談を承って参りました。その時に残念に思うことが沢山ありました。前もって相談してくれていれば防げた損失があったのに!悔しいですね。では何故そんなことが起こるのでしょうか?元をたどると日本の教育制度に原因があると思います。
学校で生活するのに必要なお金に関する知識を教えないからですね。
私も社会に出るまでは年金の仕組みすら知りませんでした。
これが販売側と消費者との情報格差となり圧倒的に不利な立場で大きな決断を迫られてしまいます。不動産、保険の契約や金融商品の購入時に渡される分厚い重要事項説明書や約款をどれほどの人が完全に理解出来るでしょうか?おそらくほとんど人は渡されるだけでまともに見もしないのが現状ですね。後で問題が発生した時に販売側にクレームを付けても重要事項説明書に書いてありますが見て下さいましたか?と切り返されてしまいます。販売側に都合の悪い話は小さな文字で書かれてます。後になって困らない為には信頼出来る相談相手が必要ですね。我々は官民一体となって高齢者とその家族をサポートする活動を行ってます。皆様、是非一度我々のイベントにお越し下さい。「百聞は一見に如かず」ですご自身の目と耳で我々が信用出来る人間なのかお確かめ下さい❗️お待ちしてます

カテゴリ
日記
日時
2016年03月16日16:57
コメント
(0)
トラックバック
(0)

ラジオ関西の「情熱ラジオ」に出演しました!!

皆さんこんにちは!ファイナンシャル・プランナーの船津です。
私の事務所のCM放送から良いご縁を頂いておりますラジオ関西さんの情報番組「情熱ラジオ」のコメンテイターとして出演させて頂きました!!放送スケジュールは10月の毎週木曜日(1日、8日、15日、22日、29日)の合計5回の放送予定です。時間は12時30分から35分です。
ちなみに当事務所のCMは同番組にて毎週火曜日に放送してます。
いきなり、本日が第一回目の放送です。皆さん是非聞いて下さ〜い。!!
今回の出演では私が正会員として参加させて頂いているNPO法人の「はんしん高齢者くらしの相談室」の理事長の谷口昌良氏にも一緒に出演して頂きました。谷口氏との出会いは今年の4月に私が「こうべ企業の窓口」という
士業メンバーが集まり中小企業の経営者をサポートする士業連携グループで知り合いました。私も開業前から本業と連携して地域貢献につながる仕事に携わりたいとの思いがありましたのですぐに谷口氏が立ち上げたNPO法人のお手伝いを申し出まして快諾して頂きそれからのお付き合いです。そして今日は10月8日の「第三回くらしのフェア」のイベント告知並びに当NPOの活動内容や今後の方向性について理事長から熱く語って頂きました。これから日本が迎える超高齢化社会の中で、ご高齢者とその家族が抱える医療・介護・法律・不動産その他生活全般におけるお困りごとをサポートする為に地域の高齢者向けサービスを提供する各事業者により構成された相談窓口です。ご高齢者が、安心して暮らしていけるような福祉社会の実現を目指してます。私はファイナンシャル・プランナーとして開業してまもなく1年になりますが知名度も信用もないゼロからのスタートでした。この1年間は ご相談に来ていただいた方への各種プラン作成やセミナー講師を中心に活動して参りましたが、もう一つの重要な活動が人材交流でした。とにかくいろんなイベントやセミナーにも積極的に参加致しました。おかげ様で会社員時代には知りあう事はなかった優秀な先生方や経営者の方々ともお知り合いになり今の私の最大の財産となりました。これからも地元神戸を元気にする為に日々精進して参りますので今後とも宜しくお願い致します。
写真は今日の番組収録時の写真です。



カテゴリ
日記
日時
2015年10月01日10:57
コメント
(0)
トラックバック
(0)

1 2 3 次ページ


プロフィール

船津正明FP事務所

カレンダー

2019 年 01 月

12月 < > 2月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

カテゴリー

参加コミュニティ

ヒット数

  • 本日: 4 ヒット
  • 過去30日: 403 ヒット
  • 累計: 9447 ヒット

RSS

rss1.0

rss2.0

QRコード

フリースペース

管理者に通報

利用規約に反している場合は
管理者までお知らせください。

管理者に知らせる