日記

日記

【外食産業の立地・・・「業種別経営事例辞典」より】

外食産業は「立地産業」と言われるほどに、まず立地が命運を
左右する。路地裏の隠れ家のような店でも、その路地の立地が
前提条件になっている。

大手外食産業がどのような立地基準を定めているのか調べると、
図表のような調査結果が見つかった。ショッピングセンターの
内部やターミナル街が、必ずしも好感を持たれていないことが
興味深い。商店街はどうなのだろうか。

私が不動産の仲介をしていた時、神鉄駅前のビル1階の角地の
テナント探しを頼まれて、ケンタッキーフライドチキン本部の
人に見にきてもらったことがある。

日本KFCホールディングス株式会社の店舗物件募集要項では、
駅前・繁華街立地型店舗の場合、1階部分に面していることが
必要で、角地が有効としている。また、郊外・独立型店舗では、
角地のドライブスルーを基本型とする。

駅前の角地路面店なので、条件は満たしていたのではあるが、
結果はNGだった。理由は角地の側道が下り坂だからだという。
立地は厳しく見るとのお話だった。

大阪市内の駅高架下ショッピングセンターの1階路面店では、
有名なF総研のコンサルタントに言われるままに、その当時
健康ブームで流行していた「しゃぶしゃぶ店」を出店した。

開業の前日、そのコンサルタントに思い切って聞いてみた。
「当社では、まず遊休地があって、何に使おうかと考えます。
御社は、「しゃぶしゃぶ店」出店のために立地を選ばれますが、
自由に立地を選ぶとすれば、この場所を選びましたか。」

彼は、即座に答えた。「私が、自由に立地を選ぶのであれば
絶対にここは選びません。」その勝ち誇ったような顔を見て、
コンサルタント料を返せと言いたい衝動に襲われた。

理由は、駐車場がないからだという。たとえ駅前であっても、
電車は役に立たないという。

電車を馬鹿にするなと言いたいが、そう考えるのであれば、
最初からそう言ってほしかった。
コンサルタントの悪い見本を見た気がした。


カテゴリ
経営戦略
日時
2020年07月01日12:03
コメント
(0)
トラックバック
(0)


プロフィール

新神戸中小企業診断士事務所

カレンダー

2020 年 07 月

6月 < > 8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

13年07月28日 04:46
Aubree
社歌を訪ねて_「グンゼ」
13年07月27日 10:04
Lydia
タイガース優勝記念ウイ...
13年07月02日 00:13
森のフクロウ
「歌声喫茶「灯(ともし...
13年06月29日 23:03
新神戸中小企業診断士事務所
「歌声喫茶「灯(ともし...
13年06月29日 16:03
森のフクロウ
「歌声喫茶「灯(ともし...
13年02月15日 21:24
新神戸中小企業診断士事務所
事故発生、その時運転士...
13年02月15日 14:22
アオジル神戸センター
事故発生、その時運転士...
13年01月12日 18:30
新長田/むらかみ
須磨寺商店街&須磨寺散...
12年11月27日 13:33
新神戸中小企業診断士事務所
インターネット接続不良
12年11月19日 22:56
新神戸中小企業診断士事務所
健康茶生活

ヒット数

  • 本日: 372 ヒット
  • 過去30日: 7900 ヒット
  • 累計: 415635 ヒット

RSS

rss1.0

rss2.0

QRコード

フリースペース

管理者に通報

利用規約に反している場合は
管理者までお知らせください。

管理者に知らせる